自分で作る

様々なサイズの棚を作ることが出来ます

希望のサイズの棚が市販されていない、自分の希望に合った棚が欲しいという場合には、思い切ってDIYをしてみてはいかがでしょうか。 DIYを成功させるため大切なことは、棚を設置したい所をしっかりと計測をするということです。 室内で組み立てを行う場合には、床や壁などを傷つけないように気を付けるようにしましょう。マットを敷いたり、新聞紙などを敷くことにより、傷などを防ぐことが出来ます。 出来上がった棚に塗装を行う場合には、密閉された空間で行うと危険な場合もあります。窓を出来る限り開けて行うようにしましょう。最初は薄く塗り、数回塗り重ねることを意識して行うと失敗が少なく、初めてでも綺麗に塗装することが出来ます。

便利なアイテム「すのこ」

初めてDIYを行うという人にオススメのアイテムが「すのこ」です。通常のDIYでは、木材をカットする必要があります。しかし、すのこであればあらかじめ希望の大きさの物を組み合わせるだけですので、初めての人でも簡単に希望の大きさの棚を作ることが出来ます。 様々な大きさのすのこがありますので、希望に応じて組み合わせると良いでしょう。木材を購入するよりも、安価に購入することが出来る場合も多いようです。 すのこをそのままの状態で使うことはもちろんのこと、塗装をしたり、ばらして組み立てることで、活用の幅を広げることが出来ます。 すのこをネジで固定する場合には、あらかじめ下穴を開けておくようにしましょう。無理をすると木が割れる可能性がありますので注意が必要です。